【生産技術】モノづくりの土台となる設備を作り、守る仕事です。

仕事を知る2021/11/01

【生産技術】モノづくりの土台となる設備を作り、守る仕事です。

NIPLO MATSUYAMA  RECRUITING SITE

モノづくりの現場を整えるのが生産技術の役割です。製造工程で使用される治工具の開発や生産ラインの設計、工場の生産設備の選定・保守などが、その代表的な仕事です。

治工具とは溶接や組立を行う専用の道具です。治工具の性能や生産ラインの構成によって作業にかかる時間や手間も大きく変化します。使う人たちのことをよく考え工夫を凝らすことで、感謝されることもしばしば。人のために役に立ちたい、サポートしたいといった気持ちのある方には、大変やりがいのある仕事です。

工場設備はメーカーにとっての生命線です。製造ラインのクオリティは品質に大きな影響を及ぼします。製造担当者が作業しやすく、かつ正常に動き続けなければなりません。その分、設備選定とその保守にかかる期待も大きく、やりがいが感じられる仕事です。

治工具開発や工場設備などに代表される「生産技術」は、高品質なモノづくりが求められる製造をサポートする、極めて重要なポジションです。

【生産技術】に関連する情報はこちら▼

NIPLO MATSUYAMA  RECRUITING SITE