『宝物は社員』。そんな会社で働きたいと思いませんか?

人を知る2021/11/01

『宝物は社員』。そんな会社で働きたいと思いませんか?

R.N 営業事務職/2018年入社

NIPLO MATSUYAMA  RECRUITING SITE

社員を大切にしてくれる社風。
長く働き続けられる環境です。

自然豊かで、落ち着いて生活できる。横浜で大学生活を送っている中で、改めて地元の魅力に気づかされました。私は食べることが大好き。食に関われて、地元で長く働いていける。そんな会社を探している時に、当社と出会いました。「会社の宝物は、社員と自然」そう掲げている通り、社員を大切にしてくれる会社だなと、心から思います。たとえば、産休・育休の取りやすさ。取得実績も豊富で、最近では男性の育休取得率が上がっています。入社して何年か経ちますが、企業理念に嘘がないと実感しています。退職率も低く、若手からベテランまで幅広く、偏りなく人材がいることも、会社の強みなのだと思いますね。

営業事務も営業の1人。
その意識で、日々働いています。

私は長野営業所の営業事務として働いています。製品の配送手配、カタログや各種パーツリストの送付、エンドユーザーの方々からの問合せ対応など、外回り営業の後方支援的な立場のお仕事です。営業の同僚を見ているとお客様と電話で話している際の表情が明るく、お互い良い関係を築いているのだなと感じます。その関係性を壊さないように、できるだけ丁寧に対応するようにしています。私の仕事は、お客様と直接お会いすることはありません。でも、お客様からちょっとしたお問合せにしっかりとお応えすることで「ありがとう。助かったよ」という言葉をいただくことがあります。その時は自分もお客様に対峙する営業の1人なんだな、という気持ちが湧いてきて、それがモチベーションになっていると感じます。少しでも誰かの役に立ちたい、そんな気持ちがあれば、とても充実した社会人生活を送れるのではないかと思いますね。

農業には女性の力が求められている。
だからこそ女性にもっと入社してほしい。

農業をはじめ一次産業を取り巻く環境は、これまで男性中心であったことは間違いありません。しかし労働人口の減少や高齢化に伴い、今後もっともっと女性の力が必要になってくると思います。現状、当社の製品を含め農業用作業機は重量があり大きいものが多いです。今後はもっと女性が扱いやすい軽量サイズのものや、女性も楽しめるデザインのものが開発されていくと思います。だからこそ、当社にもっと多くの女性からの応募があればうれしい。従来の農業イメージを変えていくことで、より多くの人から注目される業界になるはずです。私も当社で長く働いていきたいと思っていますので、営業事務に留まらず、いろいろな仕事をやってみたいと思っているんです。ぜひ一緒に農業のイメージを変える働き方をしていきませんか。

NIPLO MATSUYAMA  RECRUITING SITE