MENU

ロータリーカルチRK20-SHシリーズ

フロントサブソイラー装着のRK520-SH

RK520 爪軸

    • 新規採用の6枚爪フランジにより後方への土の吐き出し性能が向上し、早期培土時で2~4km/hの作業が可能。
    • ダブルタイヤ方式のゲージ輪が安定した作業を実現
    • RK20-SHシリーズは、フロントサブソイラ、平行リンク、リッジャーアーム、スタンドを標準装備
    • 新採用の6枚爪

      新採用の6枚爪フランジにより後方への土の吐き出し性能が向上し、早期培土で2~4km/hの作業が可能。
      また、シャフトの交換不要で早期⇔慣行の組替ができます。

    • フロントサブソイラー

      耕盤を破砕するフロントサブソイラーが標準装備です。(SH仕様)

    • ダブルゲージ輪

      ゲージ輪をダブル(合計4個)にしたことにより安定した作業が可能です。

    • らくらく条間調節

      独自のラック・ピニオン方式の採用でラチェットレンチで簡単にスムーズに作物条間へに畝合わせが行えます。

    • ロータリーカルチの特徴

      ■ 耕した土も作付した後はしだいに固ってきます。畦間を中耕することにより土壌が膨軟化し、除草効果も抜群です。
      ■ 播種、移植用の畝成形から肥培管理上の培土、土入れ作業まで密度の濃い管理が可能です。
PDF形式でダウンロードいただけます。
一覧に戻る