MENU

アッパーローターFU-05F/PU-05Fシリーズ

PU1805F(前ゲージ輪、フランジタイプ)

PU1605F(前ゲージ輪、フランジタイプ)

  • 作物の生育に適した2層構造を実現

    • 表層を細かく、下層を荒く砕土し理想的な播種床を形成。
    • 耕うんカバー部にゴムを装着することにより土の付着による抵抗を軽減
    • 豊富に用意されたアタッチメントにより複合作業を実現
    • アッパー回転とスクリーンで抜群の砕土・埋め込み性

      爪軸のアップカット回転とロータリー後方のスクリーンの効果で表層が細かく、下層部が粗いという理想的な二層構造の土づくりが出来、発芽率向上、移植後の生育安定に貢献します。
      けん引型シーダー、搭載型シーダーをセットすることで耕うん・施肥・播種・覆土・鎮圧の複合作業が可能になります。
      (注:搭載型シーダーはBUR10U のみに搭載可能です。)

    • ニプロ装着システム

      ニプロでは主な作業機の装着装置については、トラクターへの着脱がワンタッチでできるJISオートヒッチ規格を採用しています。この規格は、標準3点リンクならどのトラクターにもセットできますし、区分が同じならばどの作業機にも装着可能な便利なものです。また、この装着方式をご要望に応じて3種類に分け、それぞれ型式も別にしています。
      <カプラの種類>
      <オートヒッチの区分>
    • アッパーロータの二層耕起

      <表層細かく下層粗い二層構造の形成>
      アッパー回転と耕うん部の後方に設けたスクリーンの効果により、粗い土は先に落ち、細かい土はスクリーンを透って後から落ちるため、土壌を作物の生育に最適な二層構造に整える。すなわち表層は発芽に必要な細土魂に、下層は粗土魂にして根の伸長を促すとともに、通気孔を確保して透水性を向上させ地表滞水を防ぎます。さらに、地表有機物の下層への埋め込みがなされ播種精度を高めます。
PDF形式でダウンロードいただけます。
一覧に戻る