MENU

ロータリーEXR20シリーズ

MXR LXR DXR EXR 2L仕様を用意

  • 大型トラクタ(90~140ps)用
    抜群の耐久性能と卓越した基本性能!

    • 爪の取り付けはフランジ仕様
    • トラクタPTO1,000回転に対応
    • 「均平板らくらくアシスト」採用。均平板を持ち上げる力を従来の70%削減
    • 耕うん部カバー内側・側板・均平板下部にステンレスカバー装着。土の付着を軽減。
    • ミッション変速付き
    • 2点ワンタッチの2L仕様。
    • スイングヒッチ採用で転圧輪使用時に効果を発揮
    • 100馬力超え大型トラクタにも安心(上限140馬力)

      100馬力超えの本格的な大型トラクタに装着できる強度を重視した設計です。(上限141馬力)作業幅もこのクラスのトラクタに合わせて2.4m/2.8m/3.0mを用意しています。

    • トラクタPTO1000回転仕様

      トラクタPTOが1000回転に対応したミッションで標準で2段変速になります。

    • 均平板らくらくアシスト標準装備

      洗車時、爪交換時に大きく重い均平板も楽に持ち上げられます。2.8m/3.0mはガスプルリングを2本使用し70%の軽減がされています。

    • 装着方法はロワーリンク2点ワンタッチ(スイングヒッチ採用)

      トラクタへの装着はロワーリンク2点ワンタッチ装着となります。剛性の高い門型マストを採用しています。スイングヒッチを採用し固定ピンを抜くことによりヒッチアームが上下フリーになり傾斜地に追従し、転圧輪作業に適します。

    • ニプロ装着システム

      ニプロでは主な作業機の装着装置については、トラクターへの着脱がワンタッチでできるJISオートヒッチ規格を採用しています。この規格は、標準3点リンクならどのトラクターにもセットできますし、区分が同じならばどの作業機にも装着可能な便利なものです。また、この装着方式をご要望に応じて3種類に分け、それぞれ型式も別にしています。
      <カプラの種類>
      <オートヒッチの区分>
    • フローティングシールについて

      フローティングシールは建設機械の足回り等の過酷な環境下で用いられるシールです。
      同形1対の摩耗に強いシールリングとOリングから構成されています。
      ハウジングに接触しているOリングによりシールリングはハウジング中央に誘導され、組立状態図のピンク部分のように軸に対して浮いた状態となるため、フローティングシールと呼ばれています。

      固定側と回転側は摩耗に強い1対のシールリングの面接触で気密性を保持していますので、耐久性に優れ劣悪環境下での信頼性に優れいています。

      交換の際は、面接触部分に微細なゴミ等が着かないようにする必要があります。その場合、短時間でオイル等の漏れが確認できますので、面接触部のクリーニングを行ってください。
    • 大型20ロータリー特長

      耐久性と使いやすさを両立
    • 可動式ゲージ輪

PDF形式でダウンロードいただけます。
一覧に戻る